ロケ地探訪

このドラマはロケシーンも随時ある感じで、そういう点からも、よりリアリティがあって、ビジュアル的にも鮮度あるものでした。
今では跡形も無く変わっている場所もある一方で、まるで当時にタイムスリップしたかのような場所もあったり様々です。

◇2007年5月撮影
学校・周辺 パート1
学校・周辺 パート2

吉祥寺駅・北口周辺
南口・井の頭公園周辺

市役所方面
西荻窪周辺
中野
国分寺
代々木上原 (2008.4 追加)
成城・砧 (2008.8 追加)

◇2010年8月撮影
登場の家
神宮前
青山・六本木
赤坂・九段
西早稲田
善福寺・荻窪
吉祥寺
高井戸 (2011.10 追加)

◇ロケ地巡り ストリートビュー編 (2016.8 追加)
西伊豆・鎌倉
こどもの国
向ヶ丘遊園
横浜
相模湖
緑山スタジオ

京都 (2016.11 追加)


番外編 (関連ドラマのロケ地)





 登場の家

長年、謎だったロケ地が、ついに判りました!しかもまるで見つけられるのを待っていたかの如く、ほぼ当時の姿で現存しているのが嬉しいです。5年3組の生徒の家は、ちゃんと吉祥寺近辺にありました。




深見家の門前を、新聞委員の市川が通り掛る辺り。
向かいの家の門や生垣なども、当時と変わりない感じです。










市川が庭を窺っていた斜め格子のある扉も、同じ感じです。
ちなみに、深見家の表札は何故か二つ掲げられていましたが、元々この家の表札が二つなようです。












市川が深見のスクープ写真を撮る、深見家。「やったね!」
庭の奥では今も深見が立たされていそうなほど?当時の雰囲気がそのままで、 数奇屋門や塀瓦なども、いまだに風格ある感じです。












少年探偵団の牛島と佐藤がこっそり見に行く、朋子の家。
「金持ちなんだなー、芹沢の家って」 「ショパンか〜、朋子に似合ってるよな」
今にも朋子のピアノの音色が聞こえてきそうな雰囲気ですが、 裏庭が駐車場に変わっていて、白い門扉も移設されています。朋子がパカンと雨戸を開けて顔を出すドーマーは、窓に変わっています。それでも屋根より高い松の木など、優雅な洋館の雰囲気は当時と変わりない感じです。








パソコンで家まで描いていた吉本が、夜、こっそりと現れる木の辺り。
ちなみに反対側の、放火魔が門を乗り越えて来る家は、変わっています。










パート2第7話の冒頭、『24時間のキッス』のBGMと共に、
つばさのナレーション「ここが私の家です」で映った、原島家の松の木。








原島家。弁護士の父が母に見送られ、お迎えの車で出勤。
つばさと祖母が、サッカーの練習をしたり。
立派な門構えの屋敷という感じでしたが、 母屋のあった場所は更地になっています。それでも門や庭木はそのままで、いまだに風格ある感じです。











京都修学旅行の最終日、一人訪ね歩く子安が見つける、
芦沢冴子の家。
「どちらの子安様どっしゃろか?」 「東京の子安様です!」
立派な門柱や優雅な門扉など、瀟洒な邸宅の雰囲気は今も変わりない感じです。ちなみに、インターホンの位置は変わっています。
京都という設定でしたが、実は東京でした!
バレエというキーワードからか、京都という割には意外と洋風な家で、表札も「ASHIZAWA」と横文字だったりもしていました。
そのバレエ教室も実はロケ地は東京で、そこから程近い場所でした。






 神宮前




京都修学旅行の最終日、子安が一人で訪れる、芦沢冴子の通う『法村友井バレエ団』。実は京都でなく東京でした(!)
看板も当時と同じ感じです。











さすがにガラス扉は変わっているようですが、らせん階段も変わりない感じです。
当時は「日本ビジネス専門学校 コンピュータ実習室」の看板も掲げられていましたが、現在は1階はブティック、3階はヨガスタジオです。










角地にある建物の、反対側。外壁はきれいに塗り替えられています。青い門扉や、アーチ、階段、ベランダなども、当時の雰囲気がそのままです。












ふたりが対面した、階段前。
フェンスに掲げられていたバレエ団の看板は演出で、実際は向かいにあるマンション(秀和北青山レジデンス)の階段でした。










位置関係はこんな感じでした。手前左にマンションの階段があります。
ちなみに道路が区の境界となっていて、バレエ団は渋谷区神宮前、マンションは港区北青山にあります。









「また手紙書いてね!」と明るく呼び掛ける冴子に見送られ、子安が走り去った方向。









 青山・六本木




従業員(とんねるず)が新聞を運び入れている所へ、店主(横山やすし)が帰って来る、『居作新聞販売所』。
赤坂の隣町の南青山にあって、当時、毎日新聞青山専売所でした。現在は別な店舗(ダイビングショップ)に変わっています。









こちら側からの眺めはちょっとローカルっぽく見えましたが、
道の先に見える緑は、青山霊園の緑です。












このようなビルの1階にありました。











女子プロレス並みの迫力!?で、鴨下母(千うらら)が、娘を引っ張りながら現れる方向。
ちなみに背後に映っていた大きなビルは、伊藤忠商事東京本社ビルです。










パート2第10話で、いづみ・絵里・朋子が駆け上る、地下鉄六本木駅の階段。
階段、高速道路の高架とも、きれいになっています。








六本木駅から地上へ出た辺り。
すっかりビルが新しくなっています。










いづみがヘンテコな和製英語?を喋っていた辺り。
六本木プラザの角。当時は森永ラブの看板がありました。










31アイスクリームを買ったり、赤いBMWが停まった、
『鳥居坂ガーデン』のあった場所。
現在は駐車場になっていて、隣のマンションだけが、当時と同じ場所である事を物語っている感じです。










六本木交差点。ちなみに、左にに少し映っていた『アマンド』は、テナントビルの建て替え工事で、仮店舗へ移転しています。








外人の二人連れが歩いて来た方向。










「Excuse me. ちょっと、神様のお話シマセンカ?」 「はぁ?」
先に見える赤坂アークヒルズは、当時建築中でした。
ちなみにこの交差点のシーンでは、パステルブルーの上着を着た通行人が、カットごとに別々な方向から何度も映っています(笑) きっとエキストラと思えますが、このエキストラは、第6話の新宿地下道のシーンでも、同じ上着で何度か映っていたりなどもしていました。





 赤坂・九段




『ちびっ子歌合戦』のTBSへ向かう、タクシーが右折した角。
乃木坂交差点。赤坂通りから外苑東通りを、青山方面へ。
TBSとは逆方向に?
このシーンでのBGMは、堀ちえみの『東京Sugar Town』でした。








綾と母、高子を乗せたタクシーが、TBSへ到着。入り待ちのファンに、綾はアッカンベー。(証明写真に続き、この回では二度目)
右側にあったTBS会館などは2003年に解体され、2008年に赤坂サカスとなって大きく変貌しています。
少年探偵団が、丸徳産業の受付嬢・松原みさおの退社を張り込む喫茶店は、たぶん左の茶色いビルの2階だったのでは?
パート1第3話のラストで、新宿アルタのスクリーンに映る西川・原田・深見が歩いていたのも、実はこの一ツ木通りだったらしいです。
ちなみに街路灯は、『ビッグハット』をイメージした形になっているようです。






TBS社屋の外観は映ってはいませんでしたが、せっかくなのでご本尊・TBSの現在の社屋、『ビッグハット』を。1994年に竣工の、20階建て。赤坂サカスの完成で、いっそうきれいな街並みになっています。











栞が真美&森田と共に行く、栞の父の勤務するホテル。
千代田区にある、ホテルグランドパレス。
一見変わりない感じですが、植栽が成長していたり、車寄せの屋根がコンパクトに変わっています。
ちなみにロビーのシーンは、緑山スタジオのロビーだったらしいです。







 西早稲田





新聞委員の市川が、都電を撮影していた場所。
新宿区西早稲田にある、高戸橋交差点。
背後に大正製薬の本社ビルが映っていましたが、ビルも増えています。
ちなみに、『電撃lookin'&shockin'』のBGMが初めて流れたのは、このシーンからでした。







交差点沿いのマンションなどは、今も変わりない感じです。
明治通りと新目白通りの交差点です。










都電が信号待ちをしていた辺り。
当時の車両は黄色に青いラインで、まだクーラーが無く、窓全開でした。









カーブで迫り来る車両を、市川が連写していた辺り。
ちなみにこの車両は、2009年4月から登場の8800形という最新型らしいです。 当時映っていた車両は7000形と呼ばれる車両で、現在も改装されて、台数的にはいまだ主力車種らしいです。








都電が走り去る方向。背後に見える超高層ビルはサンシャイン60で、当時東洋一の高さを誇っていました。
ちなみにこの撮影シーンでは、一台の車両を撮っているように映っていましたが、細かく見ると正面の車体番号が7023・7015・7004と異なっていて、実は3台の別撮りだったようです。5分間隔で走っていたとしても、少なくとも15分はこの場所でのロケがあったみたいです。







 善福寺・荻窪




つばさと久我が、サッカークラブの練習から帰る坂道。
「久我くん、サッカーやるような女の子、嫌い?」
てっきり井の頭公園かと思いきや、善福寺公園のそばでした。坂を下った先に善福寺池が見えています。フェンスは新設されたようです。








告白したつばさが舌を出し、「言っちゃった!」の角。
今でも同じ位置に掲示板があります。角の家は建て替えられています。
ちなみにこのシーンのつばさの服は、第7話らしく?「7」の服でした。










つばさが、飛び跳ねながら駆ける道。今も緑のままです。
ここは一見公園のようですが、私有地らしいです。











パート2第4話で、帰宅途中のまりもと妙子が、「羽田がねぇ〜」「何なんだよあいつ」などと羽田の悪口?を言う中、
宗一郎&ハナのデートを目撃する歩道橋。
歩道橋・正面のビルとも現存ですが、ビルは改装されています。








外観は映りませんでしたが、当時、オデヲン座などの映画館が入っていた、荻窪東亜会館。
現在では映画館は無くなっていますが、いかにも昭和チックな建物です。









内部は改装されて変わっています。
このシーンでは、隣のビルの階段から手を挙げる野次馬が珍しく映っていましたが、その辺りの眺めは、同じような感じです。









歩道橋から見た東亜会館。このような位置関係でした。










 吉祥寺

少しだけですが、吉祥寺の繁華街の写真も撮りました。以前撮った場所と重複しますが、所々変わっていたりもしているので、また載せておきます。



記念すべきパート1第1話・最初のロケシーン、元町通りのりそな銀行(旧・協和銀行)前。
パート2第12話でも、やはり『吉祥寺テレビ』のモニターが置いてある設定で登場していました。
このように、ちゃんとパート1とパート2で接点があるあたりも、このドラマの面白い所でした。







石橋先生が出演の『吉祥寺テレビ』を、街頭で見るワンカットで登場した、ダイヤ街チェリーナード。
厳密には、ここが最初のロケシーンでした。
先に見える緑は、駅前ロータリーの木です。
2009年3月にアーケードが新装されて、サンロードに負けないほど明るくなっています。







元町通り。当時は、中央に並木のある通りでした。
伊勢丹は2010年3月に閉店となりました。近鉄もすでに2001年に閉店されて、今では正面の東急が、吉祥寺唯一の百貨店となっています。











新聞委員の市川が、石橋先生とお腹の大きな奥さんのスクープ写真を撮った場所。
この短い通りは、武蔵通りという名前があるらしいです。









元町通り側から見た、プチロード。右手前にあった、和美がショーウィンドウのワンピースを眺める店や、その向かいの名曲喫茶などは無くなっています。
『オヨビ』に登場していた「コペ」の看板は今も同じですが、ツタはすっかり取り払われたようです。








この一輪車に乗るピエロ?のオブジェは、当時からありました。店舗が軒並み変わっている中、プチロードの歴史を感じさせる数少ないシンボルです。










ペニーレーン側から見た、プチロード。
左手前の、高野と松本が誕生パーティを開いていた店は、また店舗が変わっています。










親の様子を見に行く栞・真美&森田や、西川が「偶然」萌子と遇ったり、和美がビンを回収していた、ペニーレーン。
左の白い壁は、当時と同じです。









栞の母が、「キャリアウーマンって感じ」に働く宝飾店のあった、ペニーレーン沿いの場所。
テナントは変わっていますが、この洒落た街路柱は、当時と同じみたいです。









井の頭公園の野外ステージでの、『静かな湖畔』の替え歌の大合唱の後、ワンカット映った東急通り。
とんがり屋根のビルは、いまだに特徴的です。









栞と真美が、荷物を落とす小坂先生のお見合い相手と遇う、浜やん前。
ちなみに、向かい側にあった一軒家はビルに変わっています。








パート2第3話で、紀子が公衆電話から石橋先生の家に電話をしていた、サンロード。
この写真では分かり難いですが、右側の外口書店の看板は今も同じです。
こことは離れていますが、山脇と木下黎が口喧嘩していた店先は、ビルに変わっています。








 高井戸





パート2第4話の、「老人ホームの慰問」で訪れた場所。
浴風会(杉並区高井戸西)。
今でも同じ場所に案内図の掲示板があります。









案内図。ゲートボール場の表記は無くなっていますが、今でもあります。ただ、周りの建物は増築などされて変わっているようです。












ホームのお年寄りたちと、「どぅも〜」でご対面。
木製の掲示板は、当時と変わりない感じです。
このロケでは映りませんでしたが、同じ敷地内にある浴風会本館は、 多くのドラマ・映画などで使用されているロケ地名所のようです。
たいていは学校などとしてのロケで、 本来の老人ホームとしてのロケは、むしろ珍しかったようです。







inserted by FC2 system